部数の多い資料は両面印刷されることが多い

資料を印刷する場合には、片面のみに刷る場合と、裏表に刷る場合とがあります。
この各々の方式では、当然に使用する用紙の量が違って来るわけで、裏表に刷る場合に比べて、片面だけに刷る場合には、その倍の量の用紙が必要になってきます。

オススメのゼロックス コピー機 リースを利用するなら此方のサイトです。

従って、資料を印刷物にする場合に、用紙の量はなるべく減らしたいという場合には、片面刷りの半分の量で済んでしまう両面刷りにすることになります。

使用する用紙の量が半分で済んでしまえば、当然に用紙代も半分で済んでしまうか、場合によってはさらに安く上げられることもあります。

リース契約について | OA機器リース・販売のオフィスプラス 情報を集めました。

特に、使用する用紙のサイズが大き目のもので、印刷する枚数が大量であるような場合には、この用紙代の違いは大変に大きなものとなってきます。



世に出回っている出版物の場合には、この両面印りがごく当たり前のものとなっていますが、出版の場合にはかなりまとまった量を刷ることになるので、用紙代削減の面からも裏表に刷るのが当たり前になっているのです。もちろん、印刷された資料が出版物となって世に出る場合も少なくはないのですが、そうではなくて、その関係者の間だけで使用される場合の方がむしろ多い、というのが資料というものの持つ基本的な性質と言えるでしょう。


そうしたものであれば、出版物のように大量の枚数を必要とはしないために、用紙代はあまりかからないので、プリンターで資料を印刷する場合には、わざわざ裏表に刷る手間を省いて、片面だけにしてしまうということもあるわけです。しかし、大量に刷る必要がある場合には、用紙代節約のために手間はかかっても表裏に刷る、ということになります。